海外旅行

ベトナムでバイクに轢かれない!上手に道路を渡るコツ!




今年ベトナムへ一人旅に行った際、行く前はスリに遭うんじゃないかなとか、詐欺にあわないかな、タクシー運転手にぼったくられたりしないかな等々治安のことばかりを心配していました、、、。


でも、実際にベトナムに行って気づきました。治安も大事だけど、
安全に道路を渡れることも凄く大切だってことに、、!ベトナムってバイクの数がとにかく多いんです。

Grabバイクに乗って移動したときに撮った写真なんですが、1分程度の信号待ちにこんなにバイクが集まります!

町中を適当に写真を撮ってもバイクが映てしまうぐらい、どこにでもバイクが停まっています。

 
私が今住んでいる台湾もバイク天国でバイクが多いのですが、ベトナムは台湾を軽く上回るバイクの量にプラス、交通ルールが緩いので、道路を横断するって何気ない行為に凄く危険が付きまとうなと現地に行って感じました。
 
そこで今回は、いかに上手に道路を横断すべきかそのコツについてお話ししたいと思います!


ベトナムで道路を横断するときに気を付けることは2つあります!!

  1. バイクに身をゆだねる
  2. バイク運転手と目を合わせる

この2つです。

1つ目のバイクに身をゆだねるとは、変に自分からバイクを避けようとしない!ということです。
ベトナム人の人たちは小さい時からバイクに触れる生活をしているし、バイクに乗っています。
なので、運転技術も私たちが考えるよりずっと上手です!
道路を横断する際に下手にバイクを避けようとすると、逆に運転手たちを邪魔していまい事故に繋がる危険性が増えるので、堂々と道路を渡りましょう!

2つ目、バイク運転手と目を合わせるというのは、私道路渡っています!!ってアピールしましょうということです。
道路を渡る際に運転手の人たちと目を合わせて、「私道路渡っています、避けてね」って訴えかけるようにして歩いてみてください!私も実際にベトナムで道路を渡る際に横を向いて運転手の人たちをわざと見ながら歩いていたら、彼らもちゃんと避けて運転してくれていました。
(ベトナムで道路横断中の歩きスマホはひったくられる可能性が非常に高いので注意してくださいね!)


ベトナムのバイクの多さも文化の違いとして捉えて、事故には気を付けてベトナム旅行たのしんでください!

スポンサーリンク