Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/caixiang/caicoasia.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 317
海外旅行

【海外旅行】本当は教えたくない。アジアの穴場ビーチリゾート3ヵ所を大公開!

・日本人がいない場所でゆっくりバケーションを楽しみたい
・アジアで安いビーチリゾートに行きたい
・アジアで海が綺麗な穴場のビーチってどこ?

こんな風に思われている方必見!!

この記事では、観光地化されていない穴場のビーチへ行くのが大好きな私が皆さんにアジアで穴場のビーチリゾートを3箇所紹介します。

どこも私が実際に行ったことのある場所で、自信を持って皆さんにおすすめできます!




アジアで穴場のビーチリゾート3選

フィリピン:ボラカイ

まず1つ目に紹介するのはフィリピンのボラカウイ。(アクセス:セブ、マニラ→飛行機でボラカイ)

今回紹介する中では一番知名度が高いビーチリゾートだと思います。バーやクラブもあり夜も楽しみたいという方におすすめの穴場スポットです。

ボラカイの2キロメートルに渡って広がるホワイトビーチがとても魅力的です。

島の美しさを保つために、フィリピン政府自らが観光客の訪問数を制限することもあります。

初めてのボラカイで宿泊してほしいのは、ホワイトビーチ沿いのホテル!

ホワイトビーチは3つの区域に分かれているのですが、宿泊する際はのボラカイの中心の「ステーション2」がおすすめです。

私が実際に宿泊した「ザディストリクトボラカイ」がコスパ良し、ホテルから1歩出たらビーチで立地良しと最高だったのでぜひ宿泊してほしいです。

「ザディストリクトボラカイ」に宿泊した感想はこの記事で紹介しています。

ボラカイでは・ビーチに行く・レストランに行く・ツアーに参加する、何をするにしても徒歩圏内

穴場のリゾートビーチはインフラが整っていないところも多いですが、交通手段を考慮しなくて良い面もポイントが高いです。



フィリピン:エルニド

2つ目に紹介するのはフィリピンの秘境と呼ばれているフィリピンのエルニド。(アクセス:セブ、マニラ→飛行機でエルニド)

・アイランドホッピングに安く参加したい
・誰も行ったことのないようなシークレットビーチに行きたい

エルニドはこのような人におすすめのアジアで穴場のビーチリゾートになっています。

スモールラグーンというサンゴ礁を沢山見ることのできる名所やシークレットビーチの多さがポイント!

3000円程度で参加できるアイランドホッピングなど魅力的なアクティビティーも数多くあります。

基本的に海からボートに乗って美しいビーチに行くことが多いので「ラ カサ テレサビーチ」周辺のホテルに宿泊すると滞在中便利です。

ヨーロッパ人がオーナーのレストランが多く、食べ物もすごく美味しかったです。

合わせて読みたい⏬
★ビーチに行くなら..フィリピン秘境の地パラワン島エルニドへ行こう!
★フィリピン秘境の地「エルニド」への2つの行き方!【最新版】【フィリピン旅行】
★格安航空券エアトリ



インドネシア:レンボンガン島

3つ目に紹介するのがインドネシアのレンボンガン島。(アクセス:日本→バリ島→フェリーでレンボンガン島)
・静かな場所で自然に囲まれて過ごしたい
・ゆっくりとした時間をおくりたい

という方におすすめのレンボンガン島には、透明度の高い海とやすらかな生活が揃っています。

私がレンボンガン島に滞在していた際は、朝日を見てお昼はボートを出してもらい海に出てそして20時頃には就寝するという生活を過ごしていました。

観光地化に向けて動き出している雰囲気がありましたが、本格的に名が知れるようになるのはまだまだ遠い未来だと思います。

観光客が少ないためバリ島に比べて海はすごく綺麗、だけど宿泊費などは安い、非常におすすめの島です。

個人的にバリ島に行くよりも断然おすすめの穴場ビーチです。

穴場のビーチリゾートの魅力とは?

ビーチリゾートに限らず旅行に行く際は穴場スポットに行くのが大好きです。私が思う穴場スポットに行く魅力を3つ紹介します。

合わせて読みたい⏬
旅行をより楽しくするヒント!穴場スポットの見つけ方!
早割はこちら!<エアトリ>

観光地化されてない=料金も安め

穴場と呼ばれる場所は観光地化されていないところが多いです。

そのため食事も滞在場所も現地の人に合わせた価格設定になっていることが多いです。

アクセスが不便なため、その穴場スポットに行くまでの費用がかかってきますがトータルで安く旅行できます。



自分しか日本人がいないという解放感

今回紹介したビーチを始めとする穴場スポット。日本人がほとんどいません。

せっかく旅行に行ったのに、周りが日本人ばかりだったら非日常感を味わえませんよね。

誰も知らない。日本語を話す人もいない。

そんな外国感を存分に味わうことのできるのはやはり穴場スポットだと思います。

その土地のリアルに触れられる

観光地化されているところってその現地に住んでいる人や生活が見えないんですよね。

一方で、穴場スポットではすでに観光地化への開発がすすんでいない場合が少なくないです。

今回紹介したエルニドやレンボンガン島はその傾向が強く、現地の人とも仲良くなりやすかったり、現地のリアルな生活を知れたりできます。

英語が苦手だったり、そもそも英語が通じなかったりするので、穴場スポットに行く場合は翻訳の準備をしていきましょう。海外旅行好きな方はWi-Fiルーターにもなる夢のAI翻訳機「Perico(ペリコ)」を1つもって行くのもおすすめです。



終わりに

気になる穴場のビーチリゾートはありましたか?どのビーチリゾートも私が実際に行って大好きになった場所なので気に入ってもらえると思います。格安航空券エアトリを使って安く旅行に行きましょう!

スポンサーリンク