Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/caixiang/caicoasia.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 317
タイ旅行

バンコクでお土産買うならどこがおすすめ?人気ショッピングエリアを比較!

シンくん
シンくん
バンコクのお土産・・・かわいい雑貨にお菓子に象さんパンツ、沢山あって何買うか迷っちゃうね。
“ユキちゃん”
“ユキちゃん”
バンコクのエリアによって金額も品揃えも全然違うらしいよ!!!

マンゴスチン石鹸やアロマキャンド、かわいい雑貨から安くて美味しいお菓子まで、タイ・バンコクには様々なお土産があります。

ショッピング目的でタイに行く人も多いと思いますが、日本と比べれば安いからといって、適当にお買い物していたりしませんか?

この記事ではバンコクでショッピングアリアとして有名な3つの観光名所を比較していきます。

比較するショッピングエリア3つ

・カオサンロード
・アジアティーク
・ウィークエンドマーケット

比較項目3つ

・値段
・品揃え
・アクセスと営業時間

どのショッピングエリアが自分の買い物の目的に合っているか、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を読めば・・・

・自分にあったショッピングエリアが分かる
・有名ショッピングエリアの特徴が知れる
・バンコクでお土産選びが楽になる

★合わせて読みたい
【バンコク】アイコンサイアムのおすすめレストランや噴水ショーなど、見所を紹介!

バンコクで人気なショッピングエリア3選


バンコクで知名度が高いショッピングエリア1つ目は【カオサンロード】です。

バックパッカーの聖地と言われており、ドミトリーなどの安宿が多く立地している場所でもあります。

クラブやレストランも夜遅くまで開いており、地元の若者から観光客まで多くの方が連日賑わっています。

お土産の品揃えはそこまで多くなく、値段も観光客向けに設定されており基本的に高い印象があるカオサンロードです。






バンコクで知名度が高いショッピングエリア2つ目は【アジアティーク】です。

2012年にオープンして以来、新ショッピングスポットとしてバンコクで人気爆発中の観光名所になります。

タイビールで有名なChangビールのロゴが目立つ観覧車がアジアティークのシンボル!!

最寄りのBTS駅からはシャトルボートが出ており、リバーサイドの夜景を楽しむことも出来ます。

カオサンロードとウィークエンドマーケットの中間位の値段設定、品揃えもある程度は揃っています。


バンコクで知名度が高いショッピングエリア3つ目は【ウィークエンドマーケット】です。

ウィークという名前のとおり週末にしか開いてないマーケットになります。

東京ドーム2倍の敷地面積に15000以上の店舗が立ち並んおり、バックから洋服、小物、スキンケア商品をはじめ様々な商品があります。

お土産の安さ、品揃えの良さは一番良いですが、週末の8時~18時までしか開いてないので行けるかどうかは旅行日程によって変わります。

バンコク人気ショッピングエリアの値段を比較

お買い物をする時に一番気になるのは値段ではないでしょうか。

バンコクでは全く同じ商品でも買う場所によって、値段が倍以上したり逆に半額で売っているなんて事も多々あります。

お土産の金額が安いランキング

1.ウィークエンドマーケット
2.アジアティーク
3.カオサンロード

カオサンロードは買い物するにも食事するにも割高でした。

逆にウィークマーケットでは店舗数が多い分競い合っているのかは分かりませんが、同じ商品でもカオサンロードの三分の二の値段で購入できるものも多くありました。

アジアティークではカオサンロードとウィークマーケットのちょうど中間位の値段設定をしている印象があります。

バンコク人気ショッピングエリアの品揃えを比較

いくら値段が安くても欲しいものが売っていなかったら意味ないですよね。

今回比較する3つのショッピングスポットを比べると、品揃えが抜群に良いのがウィークエンドマーケットになります。

品揃えが良いランキング

1.ウィークエンドマーケット
2.アジアティーク
3.カオサンロード

ウィークマーケットはとりあえず店舗数が多いです。

先ほど簡単に説明しましたが、東京ドーム2倍の敷地にお店が広がっていて店舗数は15000以上で、1日で見て回るのは到底無理!!

雑貨からお菓子、薬までどんな商品も揃っていますが、何を欲しいかある程度目星をつけていないと、結局何を買ったら良いか分からずにショッピングを終えることになりそうです。

アジアティークには、4000店舗を超える色々なお店が入っておりそれ以外にも40店舗のレストランが立地しています。

また、ニューハーフショーが行われたりとエンターテイメント性にも溢れています。

カオサンロードはどこのお店も似たような洋服が売っていますし、店舗数もあまり多くありません。

お買い物できるお店は多くないですがその分、レストランそしてクラブやバーなどの飲み屋さんが多く、夜は屋台でバンコクの食文化を楽しめます。

バンコク人気ショッピングエリアのアクセス・営業時間を比較

最後にアクセスの良さと営業時間を合わせた便利さを比較したいと思います。

アクセスと営業時間の便利が良いランキング

1.アジアティーク
2.カオサンロード
3.ウィークエンドマーケット

アジアティークは、月曜日から日曜日まで毎日16:00-24:00の間営業しています。BTSサパーンタクシン駅から専用の無料シャトルボートも出ているのでアクセスの不便さも感じません。

カオサンロードは、お店によって営業時間が異なったりもしますが10:00-24:00まで空いているお店が多いです。クラブやバーなどは夜9時ごろからお店がオープンし始めます。ただ、周りにBTSやMRTなどの公共機関がないため、タクシーやトゥクトゥクで訪れることになります。

ウィークエンドマーケットはBTSモーチット駅からMRTカンぺーン・ペッ駅にかけて広がる巨大な市場で、BTSとMRTどっちに乗ってもたどり着けます。しかし、営業してているのは土日のみ、しかも8時~18時までで夜は開いていません。そのため、平日にバンコクに来た際はウィークエンドマーケットに訪れることはできません。

【まとめ】各ショッピングエリアに向いている人

とりあえず安く!様々な物を購入して回りたいならウィークエンドマーケットがおすすめ!

開いている日に訪れることができるように旅行日程を調節してみてください。

平日にバンコクで旅行を楽しみたい方はアジアウィークがおすすめです。

値段・品揃え・アクセスの良さどれも悪くないため、どこで買い物をするか迷っているのなら一度行ってみてください。

飲みついでに買い物をしたいならカオサンロードがピッタリです。

買い物はメインの目的ではない人やタイの遊び文化を楽しみたい人はカオサンロードを訪れてみてくださいね。

タイ旅行でどこに行こうか迷った際は、ぜひ今回の記事を参考にして下さい。

★合わせて読みたい
【バンコク】最新の観光地!アイコンサイアムのおすすめレストランや噴水ショーなど、見所を紹介!

スポンサーリンク