Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/caixiang/caicoasia.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 293

【その他】アジア初!台湾で同性婚が合法化。台湾とLGBTに対しての見解。

【その他】アジア初!台湾で同性婚が合法化。台湾とLGBTに対しての見解。




初めに

2019年5月17日、台湾で同性婚が合法化されました。
アジア諸国の中で同性婚を合法化したのは台湾が初めてになります。

世界で同性婚が合法化されていた国は26カ国。
台湾は世界で27番目に同性婚が合法化された国です。

同性婚合法化までの道のり

台湾で初めての女性大統領、蔡英文大統領は
同性婚を合法化するの事を選挙公約の1つとして掲げていました。

台湾では2016年に民進党が政権を握ってから、同性婚について2年間以上論争されてきました。

2017年5月24日に、同性婚の合法化に関する1回目の大きな発展を迎えました。
司法裁判所が同性婚を禁止することは憲法に反するため、
関連部門を通し2年間の期限で同性婚に関する新しい憲法を作る又は法律を改正する必要があると判断を下しました。

しかし、2018年に同性婚に反対する人たちによって行われた住民投票では、
3分の2以上の人が反対し、新しく法律を改正する案はなくなりました。

別の措置として、新たに同性婚を認める特別法を定めることになり、同性婚をが合法化されることになりました。

台湾では今年2019年5月24日より、

満18歳以上の同性カップルは法に基づき結婚できるようになります。

しかし、養子などをはじめとする子供の問題や国を跨いでの同性婚についてなど
全てのことが特別法で受け入れらているわけではありません。

台湾生活で感じた台湾とLGBTについての見解

台湾に4年間ほど住んで感じたことは、台湾人はLGBTに対して理解が進んでいるということです。

勿論台湾人全員がLGBTの事を支持しているわけではありません。
しかし、毎年10月最終土曜日に台北でLGBTの活動を行っているなどを考えると
LGBTに対して好意的な、理解が大きい国だと思っていいと思います。

また台湾人はLGBTに関しての問題を取り上げ話し合う機会が多いように感じます。

実際に、自分のことをレズ、ゲイだとカミングアウトしている人は沢山います。
個人的な感覚ですが、クラスに100人生徒がいたら1〜2人はLGBTの子がいるのではないでしょうか。

実際に、私も台湾に来て何人かレズビアンとゲイの知り合いができました。
みんな優しくて面白くて良い人ばかりです。

終わりに

同性婚に対して色々な意見があるとは思いますが、好きな人同士が結ばれるって素敵なことだなと思います。

アジアで始めて同性婚が合法化した台湾、今後の動きに期待したいです。

スポンサーリンク

未分類カテゴリの最新記事